智慧の念仏うることは

林遊@なんまんだぶつ Posted in つれづれ
0

『十住毘婆沙論』の「易行品」冒頭に、「問ひていはく、この阿惟越致の菩薩の初事は先に説くがごとし。」とあるのだが、この阿惟越致の菩薩については先に説くがごとしって、なんなんなん?ということで、阿惟越致の菩薩を説く「阿惟越致相品」(*)をUPしてみた。
『中論』に縁のない林遊には、読み解けてないのだが、少しだけ解るところもあるので面白い。

「易行品」の易ということは、智目行足欠けた在家の林遊のような輩にとっては有りがたいことではあるが、「易行品」を単に煩悩にまみれる生き方を肯定するものであると受け取ることは危険だと思ふ。真宗の坊さんの中にも他力を他の力であると思い、自らが律するという行為を軽視するように思われるのだが、一門徒としてこのような発想は、御開山の説かれた本願力回向のご法義に背く発想であると思ふ。
理想とする出家の生き方があり、それを正確に把握した後に、その生き方が出来ない己を慚愧しつつ、それでもなお、お前を見捨てないという本願の教説に共鳴して、なんまんだぶを称えて生きて来たのが、我々の先輩ではあった。
慈悲の背後に、愛憎を超えた覚りの智慧を「正像末和讃」の

(35)
智慧の念仏うることは
法蔵願力のなせるなり
信心の智慧なかりせば
いかでか涅槃をさとらまし

に、覚りの世界から「名声超十方」と聞こえる言葉に自らの生死を委ねて来たのが我々の同行の先輩ではあった。
智慧の念仏を称えることは、法蔵菩薩所修の智慧を受け取ることであり、これが信心の智慧であった。
信とは人+言(ことば)であって、なんまんだぶを称えるという行そのものが覚りの智慧を領納することであった。その阿弥陀如来の覚りの浄土から届く智慧が、一人ひとりの生き方と接点を結ぶことを御恩報謝というのである。御恩報謝は、一人ひとりの生き方であるから、かくすべしの定義はない。一人ひとりが見出していくしかないのであり、これが御恩報謝の工夫なのであると密かに思っていたりする。

因を修して果を得るのではなく、阿弥陀如来の成就された果を因とし縁として、浄土に於いて性を獲るのが浄土真宗というご法義であったのである、と、『涅槃経』の引文を拝読しながら思ったが、有り難いこっちゃな。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ

 

ネットの知人がお浄土へ移住

林遊@なんまんだぶつ Posted in つれづれ
2

人間(じんかん)五十年(敦盛)というけど、一度生を享け、滅せぬもののあるべきか、ではある。
林遊と直接の面識はないのだが、某教団を辞してからネットで付き合って頂いた人が西方仏国へ移住した。どこかで『墨子』が好きだ、ということを書いていたのを見たことがあったのだが、平等を愛する優しい人だったのだろう。
頭も良さそうな人で、某会を辞めてから色んな本を読んでらしたが、読んでる本を知るだけで関心の方向が窺えたりする。いろんな束縛から離れて自由に学べるということの喜びが伝わってくるようではあった。

SNSでは「なんまんだぶで100を目指そう」コミュで、手術前の2月末の書込みが最後だったが、彼の、本物に出会えた、なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶの書込みが心に浮かぶ。
このコミュでは、各人がいろんな思いを、なんまんだぶという言葉に重ねて味わうのだが、なんまんだぶと称え聞くことを体とするご法義は、あらゆる存在を覚りの世界へ生まれさせるという大乗の至極である。
馬齢を重ねると娑婆の知人より浄土での同行が多くなるのであるが、またひとり浄土で語り合える友が増えた。

西方寂静無為楽 畢竟逍遙離有無
大悲薫心遊法界 分身利物等無殊
(西方寂静無為の楽は、畢竟逍遥して有無を離れたり。大悲、心に薫じて法界に遊ぶ。分身して物を利すること等しくして殊なることなし。)
帰去来   魔郷不可停
曠劫来流転 六道尽皆経
到処無余楽 唯聞愁歎声
畢此生平後 入彼涅槃城
(帰去来、魔郷には停まるべからず。曠劫よりこのかた六道に流転して、ことごとくみな経たり。到るところに余の楽しみなし。ただ愁歎の声を聞く。この生平を畢へてのち、かの涅槃の城に入らん)、と。(*)

御開山が「真仏土巻」で引文しておられる善導大師の文だが、このご法義に遇えてよかったですね。今はもう衆生済度の出門の菩薩として、法界に遊ぶが如く愁歎の声に寄り添っておられるのでしょうね。
浄土真宗のご法義では、お別れに

(13)
本願力にあひぬれば
むなしくすぐるひとぞなき
功徳の宝海みちみちて
煩悩の濁水へだてなし

 の和讃を誦するのですが、あなたには、直接『浄土論』の

観仏本願力 遇無空過者
能令速満足 功徳大宝海

が、似合いそうです。北陸の一狂惑者の妄想に付き合い空過する人生ではなく、本物のご法義に遇えて良かったですね。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ

 

『大般涅槃經経』あれこれ

林遊@なんまんだぶつ Posted in つれづれ
0

『大般涅槃經経』をUP(*)したので、御開山の引文部分をザックリとマーキングしてみた。本文は序品と純陀品しか読んでない(笑
あらためで思うのだが、御開山って引文で創作なさってるんだよな。
『教行証文類』では、『涅槃経』と『華厳経』を連引されておられるのだが、これはご自分が居られた天台宗の智顗師の五時教判(釈尊の説かれた教えを五つの時間に分類したもの)が念頭にあったからであろう。
いわゆる釈尊が最初に説かれたのは仏の自内証(さとりの内容)を吐露されたのが『華厳経』であり、最後に説かれたのが『涅槃経』であるという天台の五時教判によって、全仏教を包摂する教えが本願力回向のご法義だと言いたいのだと思ふ。
アルファである『華厳経』とオメガである『涅槃経』を連引され、仏陀の覚りと、涅槃という煩悩の寂滅した浄土を表現する書物が、御開山の『教行証文類』という書物であろう。
仏陀の覚りの智慧と、その智慧が智慧の必然として、慈悲として動きはたらく根源を『無量寿経』の法蔵菩薩の菩提心である本願の世界であるとされ、その始・終を、『華厳経』と『涅槃経』によって表現しようという書物が『教行証文類』である。

もちろん、『教行証文類』という書は、他者を教育する、教科書のような意味の書物ではなく、御開山が見ておられた世界を、仏祖の前で開陳されている書物である。古来から信心無くして『教行証文類』を拝読しても、理解不能であるから疑謗を生ずると言われている。
そもそも、読めば解るという発想そのものが、本願の世界から流出(るしゅつ)する言葉の意味を理解できない立場ではある。あまつさえ、御開山の著書の一部分を断章し、ピックアップしてご法義を語る輩がいるのだが困ったものではある。(真宗の坊さんにも多いのだが、特に罪悪感によって人を悲嘆のどん底に落しいれ、なんまんだぶを称える門徒を愚弄する北陸の一狂惑者に搾取される会の会員は悲惨である)

なんまんだぶという言葉は、仏陀(複数形)の覚りの世界から、煩憂悩乱している林遊に慈悲の至極として届いている言葉となった救いなのであるが、言葉を道具としての把握しか出来ない人には理解不能であろう。

例によって意味不明な言葉の羅列だが、林遊当人にとっては意味があるからどうでもいいか(笑

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ……

楽を断ぜざるは、すなはち名づけて苦とす。

林遊@なんまんだぶつ Posted in つれづれ
0

『涅槃経』聖行行品(*)にある譬喩。

如有女人入於他舎。是女端正顔貌美麗。以好瓔珞荘厳其身。主人見已即便問言。汝字何等繋属於誰。
女人答言。我身即是功徳大天。
主人問言。汝所至処為何所作。
女天答言。我所至処。能与種種 金・銀・琉璃・頗梨・真珠・珊瑚・虎珀・車磲・馬瑙・象馬・車乗・奴婢。僕使。
主人聞已心生歓喜踊躍無量。我今福徳故令汝来至我舎宅。即便焼香散花供養恭敬礼拝。

ある人の家に一人の美女が訪ねて来ました。
主人:「あなたは、どなたさんですか?」
女:「わたしは福の神です。わたしが行く所では、あらゆる物が手に入り、その家は必ず幸福になります」
主人は、たいそう喜んで美女を家に招き入れて歓待しました。

復於門外更見一女。其形醜陋衣裳弊壊多諸垢膩。皮膚皴裂其色艾白。
見已問言。汝字何等繋属於誰。
女人答言。我字黒闇。
復問何故名為黒闇。
女人答言。我所行処。能令其家所有財宝一切衰耗。
主人聞已即持利刀。作如是言。汝若不去当断汝命。

暫くすると、また女が一人訪ねて来ました。女は先の女とは違ってぶさいくで着物もみすぼらしいものです。
主人「あんた何しに来たか?」
女:「私は貧乏神ですの。私がいくお宅には、財産を失ったりなど、あらゆる不幸が生まれるんですの」
主人「何じゃとぉコラぁ、お前なんかあっち行け、はよ行かんとしばきあげるぞ!」

女人答言。汝甚愚痴無有智慧。
主人問言。何故名我痴無智慧。
女人答言。汝家中者即是我姊。我常与姊進止共倶。汝若駆我亦当駆姊。

女:「あんたは、お莫迦さんねえ。さっきここにお邪魔したのは私の姉で、私と姉は一時でも離れることは出来ないのですの。姉をここに留めておくなら私も留めおかねばならないのですのよ。」

主人還入問功徳天。外有一女云是汝妹。実為是不。
功徳天言。実是我妹。我与此妹行住共倶。未曽相離随所住処。我常作好彼常作悪。我作利益彼作衰損。若愛我者亦応愛彼。若見恭敬亦応敬彼。
主人即言。若有如是好悪事者。我皆不用各随意去。是時二女便共相将還其所止。
爾時主人見其還去。心生歓喜踊躍無量。

そこで、主人は、すでに家の中にいる福の神に確かめると、間違いないということでした。

主人:「いくら福の神でも貧乏神と一緒はいやや、二人ともとっとと出てってくれんか」
と、主人は二人を追い出してしまいました。そして二人を見送りながら歓喜踊躍せんばかりに喜びました。

幸福と貧乏、楽と苦の例話であるが、禍福はあざなえる縄の如しというように、この世の中は楽と苦が同居しているということである。

御開山は「真仏土文類」で

善男子、大楽あるがゆゑに大涅槃と名づく。涅槃は無楽なり。四楽をもつてのゆゑに大涅槃と名づく。なんらをか四つとする。一つには諸楽を断ずるがゆゑに。楽を断ぜざるは、すなはち名づけて苦とす。もし苦あらば大楽と名づけず。楽を断ずるをもつてのゆゑに、すなはち苦あることなけん。無苦無楽をいまし大楽と名づく。涅槃の性は無苦無楽なり。このゆゑに涅槃を名づけて大楽とす。この義をもつてのゆゑに大涅槃と名づく。(*)

の『涅槃経』の文を引文されて、涅槃(浄土)とは楽を断じ、苦を断じるから涅槃であり大楽だとされる。そもそも:四顛倒といわれ、無常・苦・無我・不浄のこの世を常・楽・我・浄と思うことは迷いなのだが、この言葉の意味をひっくり返して涅槃(浄土)の徳を、常・楽・我・浄というのが『涅槃経』が言わんとするところである。
いわゆるAはBを待ちBはAを待つというように、相対関連して存在することを仏教では相待(そうだい)というのである。このような楽と苦を超えた世界こそが浄土であるという意味である。
巷間では、「絶対の幸福」を求めるなどと標榜する浄土系の宗教団体があるのだが、御開山は、そのようなものは浄土においてのみ実現できるのであると、

惑染の衆生、ここにしてを見ることあたはず、煩悩に覆はるるがゆゑに。(*)

と、誡めておられるのである。
自分探しとか幸せ探しという甘ったるい言葉に騙されて、「功徳大天」のような魅力的な存在に騙されてしまうのだろう。浄土とは楽と苦を超えた世界であり、その真実なる浄土から届けられ、なんまんだぶと称えられ耳に聞こえて下さるのが聞其名号信心歓喜ということの意味である。声と言葉になって届いて下さる、名号となった如来の信心を歓喜する一念に、衆生の往生は決定するのである。

世間の坊さんや人々は、原発とかいじめの問題とかヤスクニっとか差別を論じて右往左往しているのだが、我が御開山は、正と邪を論評して正義の立場に立つのではなく、真実とは何かを洞察されたのであった。
AvsBではなく、AとBを超えて包摂するという法蔵菩薩の菩提心の別願である本願に、真実の菩提心を見出され、それを本願力回向という言葉によって阿弥陀如来の本願の意味を表現されたのが御開山であろう。

まあ、電信柱よりはキレイな姉ちゃんがいいけど、電信柱があるからこそ酔っ払っての書込みも出来るんだな。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ……

往生拾因

林遊@なんまんだぶつ Posted in つれづれ
0

『往生拾因』(*)。法然聖人に先行して専修称名を提唱された永観(1033-1111)の著書。
御開山は『信巻』末の「五逆追釈」(*)で永観師の『往生拾因』を引文されておられる。
なんまんだぶを称念することによって必ず浄土へ往生する因を十種の理由をあげているから往生十因というのだが、その中で面白い文章があったので読み下してみた。

第七、一心に阿弥陀仏を称念したまえば、三業相応の故に必ず往生を得る。
『法華玄』云。口業の称名は必ず三業を具す。声を発すは口業、舌を動かすは身業、意に経るるは意業なり。身業の礼拝には身意の二業を具す。意業の存念には唯だ意業のみなり。已上
近代の行者、仏名を念ずる時に、舌口を動かすといえども、声を発せず。あるいは念珠を執りて、ただ数遍を計(かぞ)ふ。ゆえに心、余縁して専念することあたわず。散乱はなはだだ多し。あに成就することを得んや。声を発してたえず仏号を称念すれば、三業相応して専念 自から発る。ゆえに『観経』に説かく。心を至して称名して声をして絶へざらしめよ。(*)

かって、知性と孝養が邪魔をして云々というギャグがあったが、なんまんだぶを称えるという行為は知性や孝養にあふれた現代人には理解しがたい行為になってしまったのであろう。
特に観念論的な大谷派では、ほとんど、なんまんだぶを称える坊主を見かけないのだが、これも近代教学とやらの弊害であろう。
昔はどこの小川にメダカがいたものだが、いつしか見られなくなった。絶滅が危惧されるレッドリストにまで載せられるようになってしまった。
同じように、どこもでもみられた、なんまんだぶを称え喜ぶ人は、ほとんど見られなくなった。信心正因という言葉の意味は、阿弥陀如来が選択摂取した、なんまんだぶを往生の業因として受け入れるか受け入れないかということである。
法然聖人は、それを選択本願念仏と顕し、御開山は本願力回向の行信とされたのである。浄土真宗における信とは、口に称えられ聞こえる、なんまんだぶの上で論ずるのであるが、往くべき浄土を持たない者にとっては、知性と孝養が邪魔をする行為であるのだろう。まさに智愚の毒に侵されているのである。
そもそも、浄土真宗とは仏陀の覚りを目指す宗であり教えである。そして覚りの世界から届けられる名号となった呼び声を、なんまんだぶと聞信するご法義であり、それを先人は聞即信(聞くことは信ずることである)と言い慣わしてきたのであった。
困難ではあるけれど、世俗を捨て、妻子や家族を捨て、あらゆる愛憎煩悩を捨てて修業して智慧をみがき仏陀の覚りを目指す道もたしかにあるであろう。
しかし、仏の教えの前に、一人の愚か者として、あの覚りの世界からの、なんまんだぶという声に自らの生と死をゆだねて浄土へ往生する道もあるのである。
智慧の法然房と呼ばれ勢至菩薩の生まれ変わりと称せられた法然聖人は、

聖道門の修行は、智慧をきわめて生死をはなれ、浄土門の修行は、愚痴にかへりて極楽にむまる。(*)

と、お示しであった。
御開山の肖像画(*)を拝見すると、手に珠数を持ち珠数をつまぐってあられるのだが、浄土真宗のご法義は、なんまんだぶを称えた者を救うというご法義であって、なんまんだぶを称えない者を救うというご法義ではないのである。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ

無慚無愧

林遊@なんまんだぶつ Posted in つれづれ
0

慙愧ということについては「信巻」末で引文されておられる『涅槃経』の父殺しの阿闍世の段に詳しい。御開山は「王、罪をなすといへども、心に重悔を生じて慚愧を懐けり」と、阿闍世は慚愧によって仏陀の救済を受けたと示される。しかるに、ご自身は以下の和讃のごとく無慚無愧であると言われるのであった。

(97)
無慚無愧のこの身にて
まことのこころはなけれども
弥陀の回向の御名なれば
功徳は十方にみちたまふ

「後悔と懺悔」という名でブログを記したが、
http://wikidharma.org/500030aac9f3b
どうやら御開山のおっしゃる悪という概念は、林遊が思うような悪とは次元を異にしているようである。「悲歎述懐」では「身」ということを強調されておられるが、この身を持つゆえの悲歎であったのであろう。「信巻」で難治の三機を説く前に、

まことに知んぬ、悲しきかな愚禿鸞、愛欲の広海に沈没し、名利の太山に迷惑して、定聚の数に入ることを喜ばず、真証の証に近づくことを快しまざることを、恥づべし傷むべしと。

と、述懐されているごとくである。
ともすれば、反省とか後悔という人間の思考の範疇で語られる悪であるが、「無慚無愧のこの身にて」という述懐は、真実なる光に出遇った者に開示される世界であろうと思ふ。
以下、星野元豊氏の著述に少しく耳を傾けてみよう。

古来、「悪人正機説」として、『歎異妙』の「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」という有名な言葉に代表されて、親鸞のすぐれた特色とされているものである。たしかにそれは本願の呼び声に接して不信の自已を徹底的に見つめた者の呟かずにはおれなかった述懐であろう。親鸞の罪悪深重、虚仮不実の告白もここから生まれたものである。謗法こそ罪悪の極である。親鸞の罪悪への徹見は多くの人の胸をうち、共感をよび、その罪悪観は彼の特色として高く評価されてきている。たしかに罪悪深重煩悩熾盛の痛烈なる体験は他に比をみない。
ところが親鸞のこの罪悪観に共鳴する人たちが、道徳的罪悪の深化したものとして理解しがちであるように思う。より正確にいうと、人間的反省に反省を加えた極、獲られた罪悪観ととりがちであった。例えば「わが身は罪深き悪人なりと思いつめて」というごとき表現によって示されるような罪悪の自覚と同一視されがちであった。しかし親鸞の罪悪はただ如来の本願力に遇うた時にのみ、はじめて知らされる罪悪深重である。仏の光に照らし出されて見せしめられる悪業煩悩である。
人間的な罪悪の自覚とは全く質的に異なり、次元を異にしたものなのである。人間的罪悪と親鸞のいう罪悪とは絶対に混同することの許されないものである。もしそれが一厘でも混同されるとき、親鸞の罪悪観はたちまち甘いセンチメンタリズムに堕するか、すべてを深刻ぶって表現する道学者の罪悪観に顛落するであろうからである。わたくしは今までいく度かその例を見ているがゆえに、人間的罪悪観と親鸞の罪悪観との区別を厳しく誠めたいと思う。
といってわたくしは血肉なき概念的な罪悪論を正しいとするものではない、罪悪深重煩悩熾盛は体験の事態である、従って体験の事態として理解さるべきものであるが、上に述べたごとく、あくまで摂取の光明の中にあっての自覚であることが忘れられてはならない。わたくしはこのようなことから、あえてこの説明をする以前には罪悪という言葉を使うことを避けた。かくして親鸞にとっては、本願の呼びかけに応じようとしない不信の私こそ罪悪深重というに値するものなのである。「原典日本仏教の思想」より

数十年前に、友人の坊さんから、親鸞聖人の「悲歎述懐」は暗いですね、あれほど自己を見つめる視点を持つのは、人間にとって不可能じゃないかな、ということを聞いた。
即座に、本物に出遇ったから、真実の光に照らされている自己を讃嘆しておられる和讃でしょ、と答えたものだ。本願の光に照らされているからこそ、その智慧の光によって照らされている自らの罪業を知ることが出来なさったのであろうと、管を用いて仏教の玄妙な天を窺う己を知らされるのではあった。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ

無量光明土

林遊@なんまんだぶつ Posted in つれづれ
0

「ノート:無量光明土」に追記

仏教で光とは智慧の意であり、親鸞聖人は阿弥陀如来の浄土を無量光明土であるとされた。

また煩悩を具足せるわれら、無碍光仏の御ちかひをふたごころなく信ずるゆゑに、無量光明土にいたるなり。光明土にいたれば自然に無量の徳を得しめ、広大のひかりを具足す。広大の光を得るゆゑに、さまざまのさとりをひらくなり。『弥陀如来名号徳』(*)

まことに知んぬ、徳号の慈父ましまさずは能生の因闕けなん。光明の悲母ましまさずは所生の縁乖きなん。能所の因縁和合すべしといへども、信心の業識にあらずは光明土に到ることなし。『教行証文類』「両重因縁釈」(*)

必至無量光明土 諸有衆生皆普化(かならず無量光明土に至れば、諸有の衆生みなあまねく化すといへり。)「正信念仏偈」(*)

無量光明土は、『無量寿経』の異訳である『平等覚経』の以下の文。

速疾超便可到 安楽国之世界。
至無量光明土 供養於無数仏。(*)

すみやかに疾(と)く超えて、すなはち安楽国の世界に到るべし。
無量光明土に至りて、無数の仏を供養せん。

からのものである。 『平等覚経』の当面では、無量光明土とは、無量の諸仏のまします光明土の意であるが、御開山はこれを転じて、阿弥陀如来の浄土こそが根源的な無量の光明の土であるとされた。光で象徴される智慧の顕現している世界こそが真に無量光明土だといわれるのである。
『尊号真像銘文』で「帰命尽十方無碍光如来」を釋され、

「無碍」といふはさはることなしとなり、さはることなしと申すは、衆生の煩悩悪業にさへられざるなり。
「光如来」と申すは阿弥陀仏なり、この如来はすなはち不可思議光仏と申す。(*)

と、「無碍」と「光如来」に分節され、阿弥陀如来を「光如来」とされておられるのも同じ意である。阿弥陀仏とは智慧の光の如来であるとされるのである。また、浄土とは、この阿弥陀如来の悟りの智慧によって荘厳される世界であり、土もまた智慧の世界であるということが「無量光明土」の意味であった。この阿弥陀如来の智慧の領域が「誓願一仏乗」といわれ、あらゆる仏陀を仏陀たらしめる淵源であり、そして、あらゆる衆生を救済する本願力の根源であった。「一乗海釈」下で華厳経を引かれ、

『華厳経』にのたまはく、「文殊の法はつねにしかなり。法王はただ一法なり。一切の無碍人、一道より生死を出でたまへり。一切諸仏の身、ただこれ一法身なり。一心一智慧なり。力・無畏もまたしかなり」と。(*)

とあるように、浄土真宗とはあらゆる仏陀が出現される無碍の一道であった。

第十七願に、

「設我得仏 十方世界 無量諸仏 不悉咨嗟 称我名者 不取正覚」(わたしが仏になるとき、すべての世界の数限りない仏がたが、みなわたしの名をほめたたえないようなら、わたしは決してさとりを開きません。)

とあるように、十方世界の無量の諸仏が、林遊に、なんまんだぶを聞かしめ称えさせるというのが、念仏は無碍の一道というご法義であった。

仏の智慧が「如より来生して」大悲として「名声聞十方」と、称えられ聞こえるのが、なんまんだぶという救済の言葉であったのである。それを受け入れたことを信というのであった。

(35)
智慧の念仏うることは
法蔵願力のなせるなり
信心の智慧なかりせば
いかでか涅槃をさとらまし(*)

と、讃詠される所以である。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ

子の母をおもふがごとくにて

林遊@なんまんだぶつ Posted in つれづれ
0

異なった文化が伝播された時、それを受容する文明の側では既存の文化の中から共通するものと共振させる行為が生まれるのであろう。
インドで生まれた仏教が、異質なシナ文化と触れ合った時、自らの文明の中に共鳴する文化を掘り下げて理解しようと努力するのであろう。
文化と文明という言葉の区分については、以下を参照されたし。
「文化」

我々日本人はシナ文明を漢字によって受容したのだが、ここでも文明の衝突があったのである。漢字で表現されている言葉を、自らの言葉に翻訳することによって受容するとともに、より自らの文化を深化させることができたのであろう。

(115)
子の母をおもふがごとくにて
衆生仏を憶すれば
現前当来とほからず
如来を拝見うたがはず

この和讃は、漢語によって表現されている意味内容を、和語によって再表現する試みである。「おもふ」という日本語と「憶す」と言葉は意味が違うのだが、「ごとく」と、されている御開山の発想がとてもありがたい。

さて、このご和讃の元となる『大仏頂如来密因修証了義諸菩薩万行首楞厳経』(略して『首楞厳経』)をネットで調べていたら以下の動画に遭遇した。
浄土教は阿弥陀如来の智慧が、慈悲へと転換する教義であり慈悲を感ずることは、その慈悲を生み出した仏教の智慧に感動することでもある。
慈しみ悲しむということは、動画中にもあるように、我々浄土真宗の門徒にはなじみの深い『正信念仏偈』(元は『無量寿経』)の、生と死の闇に呻吟している者への十二光仏の光の救済であった。

家の尋常小学校卒の爺さんは、真宗坊主の法話を聞いて、そのご法話の元になった言葉は何処にあるのですか? と、問い坊さんを困らせていた(笑
と、いうわけで、御開山のご和讃の出拠をWikiArcのノートに記した。
http://wikidharma.org/4ffe53d68b31a

ちなみに偽経を生み出す背景には、異質な文化を受容しようという先人の智慧があるのだが、大乗非仏説などを論じる輩には仏教の生み出した文化に対する視点が決定的に欠けているのだと思ふ。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ これが大乗の至極だな

 

 

疑ひながらも、念仏すれば、往生す

林遊@なんまんだぶつ Posted in つれづれ
0

徒然(つれづれ)とは、退屈で手持ちぶさたということである。することがなくて暇なので、徒然なる思いを草したものに『徒然草』がある。この『徒然草』の中に、法然聖人のご法語が載せられている。

1.或人、法然上人に、「念仏の時、睡にをかされて、行を怠り侍る事、いかゞして、この障りを止め侍らん」と申しければ、「目の醒めたらんほど、念仏し給へ」と答へられたりける、いと尊かりけり。

2.また、「往生は、一定と思へば一定、不定と思へば不定なり」と言はれけり。これも尊し。

3.また、「疑ひながらも、念仏すれば、往生す」とも言はれけり。これもまた尊し。〈39段)

意訳:
1.なんまんだぶを称えている時に眠たくなることがあるのですが、これはどうしたらよいのでしょうか、という問いに、法然聖人は、寝てしまったら目が醒めた時に、なんまんだぶをしたらよいであろうと答えられた。尊いことである。

2.また、なんまんだぶを称える者にとって、往生ということは、もう決まっている事であるから決定しているのであり、これを確かでないと思うなら往生は不定であると言われた。これもまた勿体ないことである。

3.また、疑いながらも、念仏すれば、往生するのだ、とも言われたのであるが、どれも尊く有難いことである。

ありがたいご法語である。
しかし、信心正因という言葉をドグマ的に理解している者にとっては、3のご法語は疑心往生説のように受けとられるのであろう。
何故ならば、なんまんだぶを称えていないからであり、仏智の不可思議の世界からの救済の言葉がなんまんだぶであるという事に、未だかって思いを致したことがないからである。

まさに善導大師が、「往生別時意」を破す論法で使われたように、

ただその願のみあるは、願すなはち虚しくしてまた至るところなし。 かならずすべからく願行あひ扶けて所為みな剋すべしと。(*)

である。
ただ、往生したいという願いのみであれば、虚しい観念の遊戯であって浄土に至ること無いのである。もちろん行のみでは「ただその行のみあるは、行すなはち孤にしてまた至るところなし。」(*)であるのはいうまでもない。
「行なき信は観念の遊戯であり、信なき行は不安の叫び」である、といわれるごとくである。

さて、「疑ひながらも、念仏すれば、往生す」のご法語であるが、ここでの疑いとは、先の「疑情」で述べた猶予不定(*)をいうのではない。
この人は、既に、「南無阿弥陀仏 往生之業 念仏為本」(「南無阿弥陀仏、浄土往生の正しい行は、この念仏にほかならない」)の、なんまんだぶを称えている行者である。
「本願名号正定業」(本願の名号は、正しく往生の決定する行業である。)であるという、阿弥陀如来の選択摂取された教法を実践しているのである。
本願成就文に、「聞其名号 信心歓喜」とあるごとく、なんまんだぶという名号は、林遊をして仏の名を称名させ、救いの名を聞かしめて、願うべき悟りの世界を知らせる、本願力のはたらきであった。
本願力とは論註の「荘厳不虚作住持功徳成就」にあるごとく

「願以成力 力以就願 願不徒然 力不虚設 力願相苻 畢竟不差 故曰成就」(願もつて力を成ず、力もつて願に就く。願徒然ならず、力虚設ならず。力・願あひ符ひて畢竟じて差はざるがゆゑに成就といふ )(*)

である。
ほとんど意味が判らないのだが、莫迦な林遊にも本願力が成就し、はたらいているという事は肯がうことが出来る。
先人の句に、

引く足も、称うる口も、拝む手も、弥陀願力の不思議なりけり

と、あるが、暇つぶしに下手な説教を聞こうと聴聞の場へ足を運ぶ思いも、なんまんだぶと称える口業も、阿弥陀様を礼拝する拝む手も、阿弥陀如来の本願力が林遊の上ではたらき顕現するすがた(相)であった。ありがたいこっちゃな。

私の口から、なんまんだぶと称えられていることの驚きが信心ですと言われた先人がいるが、「疑ひながらも、念仏すれば、往生す」という法然聖人のご法語は、自らの疑いという枠を越えた世界から、届けられ行じられる行業であるから、どれだけ疑っても、念仏すれば、自然に往生の業因は決定するのであった。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ

疑情

林遊@なんまんだぶつ Posted in つれづれ
0

組織に対する不審や指導者の説く教義に対する疑問を「疑情」と混同している輩がいるので、WikiArcの「疑情」の項目に加筆した。

ぎじょう

阿弥陀仏本願を疑いはからう心。(行巻 P.207浄文 P.489,愚禿上 P.504,高僧 P.597,正信大意 P.1038)


疑とは猶予不定(ゆうよふじょう)をいう。迷いを超える仏教の理(ことわり)に対して、猶予して決定しない精神の作用のことである。自らの描いた想念によってためらい、仏教の真理に対して決定的に思い切ることができないことを疑という。
これは煩悩の異名である五蓋の中の疑蓋に相当する。親鸞聖人は三心一心の字訓釈で、至心・信楽・欲生を、それぞれ疑蓋無雑(ぎがいむぞう)とされたのはこれに基づく。あらゆるものを救済するという阿弥陀如来の本願力を疑い、自らが拵えた疑いの蓋を雑えで遮蔽していることを疑というのである。救いの法は光明・名号摂化十方と現に届いているのであり、これを受け入れないことを真宗では痴無明と区別して疑無明とよぶ。「行巻」破闇満願釈で、「しかれば名を称するに、よく衆生の一切の無明を破」す、とされる由縁である。
なお、不審と疑心は違う概念であり、これを混同すると盲信に陥る。不審とは審(つまび)らかではないという意で、より深く本願の意味を知り、かつ味わいたいということであって、本願に対する疑情とは峻別すべきものである。親鸞聖人が唯円房の問いに「親鸞もこの不審ありつるに」(歎異抄9条)と、仰せられたごとくである。
これを混同すると善知識という人師の言葉を盲目的に受け入れ、人惑 1 を受けることになる。人の言葉によって迷い、他人の言葉によって右往左往するのである。あまつさえ組織や善知識に対する不審を問うことすらも、疑情とされてしまうのである。

  1. 『臨済録』に「但莫受人惑」(但だ人惑を受くる莫かれ)とある。人の言葉や人の描く、世の価値・評価・生き方・思想等に幻惑されることを戒める。 []