誕生日

林遊@なんまんだぶつ Post in 仏教SNSからリモート
1

「時無別体、依法而立(時に別体なし、法によって立つ)」と、仏教では言う。諸法の生滅・変化の上に時という概念を仮りに立てるそうだが何のこっちゃではある。人の時間軸は各人の経験則の上で考察するのであろうが、なんまんだぶのご法義の先人は、御開山の年齢に自己の齢(よわい)を重ねて自らの生きてきた歴史を重ねて味わうのが多い。
いわく、御開山が叡山におられた時、法然聖人とお出遇いになった時、越後へ流罪になった時などなど、自らの生を御開山の生に重ね合わせて、なんまんだぶのご法義に遇えた喜びを語るのであろう。フラッシュバックではないのだが、人界に生を受けたことの意味を少しく追憶していたらSNS内で以下のような誕生日に記した日記を見つけたのでUPしてみる。08/05/28の日記である。

今日は林遊の五十九回目の誕生日である。

お前が産まれた時は臍の緒が絡まった難産で、母ちゃんも産婆さんも苦労したという事を聴いた。
後年仏教に関心を持つようになった時、母は、お前は臍の緒を袈裟にして生まれたから、坊さんになるのかも知れんな、などと言っていたものである。

我、誕生の日は、母、苦難の日である。

親が死ぬまで反抗期で、母親の本物の慈愛を確認する為に母親に対して無茶苦茶な事をして来た。
その度に、堪忍してくれなあ、オメをこんな癇癪持ちにしてもたんは母ちゃんが悪いんやと両手を付いて謝る母親であった。
林遊が中学生の頃か、母ちゃん、なんで仏法聞く気になったんや、ようけ子供が死んだでか、という問いに子供が死んだくらいで仏法聞くような母ちゃんでねぇ。自分が死んでいく後生の一大事が心配でお聴聞するようになったんじゃ、と言ったものである。(林遊の兄弟は八人なのだが成人したのは三人である)

ボケてお念仏忘れたら、母ちゃんを叩きまわしてでもお念仏させてくれ、と、痴呆になり自分を失って行く恐怖の中で、なんまんだぶつの御恩報謝を心がけていた母であった。

ありがたいこっちゃな。生まれ難き人間の娑婆へ産んでくれた、なんまんだぶつのご法義を聞ける娑婆へ産んで貰ったのは母の恩である。そんな娑婆で林遊の五十九回目の誕生日である。

母ちゃん、産んでくれて有難う。 なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ…

善導大師は『観経』の流通分にある、当知此人是人 中分陀利華を釈して、

「分陀利」といふは、人中の好華と名づけ、また希有華と名づけ、また人中の上上華と名づけ、また人中の妙好華と名づく。 この華相伝して蔡華と名づくるこれなり。もし念仏するものは、すなはちこれ人中の好人なり、人中の妙好人なり、人中の上上人なり、人中の希有人なり、人中の最勝人なり。(*)

と、念仏者の五種嘉誉ということを示して下さったが、安心とか信心というありもしない妄想を、追い求めている人への警句かもな。まぁ、どうでもいいや林遊の心配することではなく阿弥陀さまの心配することだしな。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ、これ最強だな(笑

 

 

« Prev: :Next »

One Response to “誕生日”

Leave a Reply