十劫安心

林遊@なんまんだぶつ Post in WikiArc編集
0

fbで十劫安心についての投稿があったので、
wikiarcに十劫安心という項を記述してみた。
近頃の真宗の坊さんは、生かされて生きるとか、今、いのちがあなたを生きているとかのタームを連呼するのだが、これって信心なき真宗坊主の妄想であり、十劫安心の異安心だと、越前の林遊はおもふ。どうでもいいけど(笑

→十劫安心

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

摂取不捨

林遊@なんまんだぶつ Post in WikiArc編集
0

近頃の説教では、
なんまんだぶを説かないから「摂取不捨」という法語も、思い込むという自覚の範疇で説かれるのだが、原意は「念仏衆生摂取不捨」である。
仏語とは、一方的に阿弥陀如来→私というベクトルで語られるのであるが、自覚のレベルに落とし込んだ途端に解らなくなるのかな。といあえずwikiarcの「摂取不捨」の項に追記してみた。

→「摂取不捨」

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

獲得名号自然法爾

林遊@なんまんだぶつ Post in WikiArc編集
0

あるところで、
高田派の僧分の方が、「なもあみだ」と発音していたので、顕智上人書写本(自然法爾章の原典)をUPしてみた。
浄土真宗(教団名)では幕末の三業惑乱以来「信心」に対して究極的にまで考究した歴史があるのだが、明治期の近代思想に迎合して「信心正因 称名報恩」という名目で、虚心に、なんんまんだぶと称えて「本願を信じ念仏を申せば仏に成る」というご法義(仏法の義)を軽視してきた歴史がある。大谷派の近代教学とやらもそのような、門徒が称えてきた、なんまんぶの否定の歴史の上で解釈されるべきである。
本願寺派で一時もてはやされた「信心の社会性」という運動論もまた、わたくしの上に称えられるなんまだぶを。呪文としか見ることの出来なかった近代知性の営みであった。ある意味でのキリスト教的信心論であるが、教化者たらんとする真宗坊主の自我意識の発露であった。

→顕智上人書写本の「獲得名号自然法爾」

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

別選所求

林遊@なんまんだぶつ Post in WikiArc編集
0

御開山は、『教行証文類』の総序で、

浄業機彰れて、釈迦、韋提をして安養を選ばしめたまへり。これすなはち権化の仁、斉しく苦悩の群萌を救済し、世雄の悲、まさしく逆謗闡提を恵まんと欲す。

といわれておられる意を、wikiarcの「別選」の項に記してみた。これを書き出すと、林遊の性分で訳がわからなくなるので要点だけを記してみた。

→「別選」

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

門余

林遊@なんまんだぶつ Post in WikiArc編集
0

浄土真宗の僧俗は、
道綽禅師の聖浄二門判に依拠しているせいか、信心を強調するばかりで、御開山が御消息で「浄土真宗は大乗のなかの至極なり」といわれた教判の意味を、ないがしろにしているかもである。
なんまだぶと称えるところに顕現する阿弥陀如来の浄土が判らんのやろな。どうでもいいけど。

で、年寄りは暇なので、林遊のネット上の勉強ノートであるwikiarcの「門余」の項を編集してみた。それにしても判りにくいな(笑

→「門余」

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

御開山の読み替え

林遊@なんまんだぶつ Post in WikiArc編集
0

本願寺派の註釈版聖典の秀逸なところは、
御開山の読み替えについての脚注があるところである。
もっとも御開山の意によれば、読み替えではなく信心の智慧によって読み切られたのであろう。

で、末代の門末の門徒は、和上方の指南によって、その御開山の意図をあれこれ詮索する楽しみがあるのであった。
wikiarcには、言葉に対してリンクを張る機能があるので、お聖教を重層的な視点から把握することが出来るので便利である。ほとんど林遊個人の勉強ノートのメモと化しているのだが、こういう門徒が一人くらいいてもよかろうと思っていたりもする(笑

ともあれ、御開山は聞いて知る、という如是我聞の「聞見」の人であった。
というわけで、御開山の読み替えを意図をwikiarcに追記。

→[道は色像…知んぬべし]

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

念仏の行、水月を感じて昇降を得たり。

林遊@なんまんだぶつ Post in WikiArc編集
0

「秋乾く」という季語があるそうだが、
秋には大陸の乾いた空気が流れ込むので、夜空の月が何時にもましてきれいである。

世間怱々(大経 P.58) として、心休まることが少ない現代人は、たまには秋の夜空を見上げて、月の光に思索にふける時を持てればと、思っていたりする。
というわけで、wikiarcの『選択集』の脚註「水月を感じて…」を編集してみた。

→「水月を感じて…」

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

とみえたり

林遊@なんまんだぶつ Post in WikiArc編集
0

蓮如さんの『お文』では、よく故事来歴を引かれる。

有名な「白骨の章」では、

おくれさきだつ人はもとのしづくすゑの露よりもしげしといへり。

と、「いへり」とされて『存覚法語』で引く、後鳥羽上皇の『無常講式』からの引用をされる。(*)

『お文』の二帖十一通の「五重の義」では、

この五重の義、成就せずは往生はかなふべからずとみえたり。

と、「みえたり」とあるのも、先人から承けたという意であろう。

と、いうわけで『お文』の、二帖十一通の「とみえたり」の引用について、WikiArcに新しく項を設けて記述してみた。

→「とみえたり」

なんまだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

仰信

林遊@なんまんだぶつ Post in WikiArc編集
0

ごうしん

一般に、神や仏などを信じることを信仰(しんこう)という。 これに対し、古くから浄土真宗では仰信(ごうしん)ということがいわれてきた。浄土真宗の信は、私が信ずるのではなく、「阿弥陀仏の信」を仰いで受動的に聞信するからである。
信仰という語は「仰いで信ずる」「信じて仰ぐ」と訓ずるように、信じるも仰ぐも、私を主体とする動作をあらわす動詞である。この信仰に対して、仰信とは「信を仰ぐ」として、信を動詞ではなく阿弥陀仏の他力の信を仰ぐから仰信というのである。
これを、先人は「信は仏辺(ぶっぺん)に仰ぎ、慈悲は罪悪機中に味わう」といわれていた。信心は自分の心の中にさがすのではない。「必ず救う」とおおせの本願招喚の勅命を聞きいれて、阿弥陀仏の摂取決定の信のたしかさを仰ぐのである。そして阿弥陀仏の慈悲は、わが身の煩悩罪障の中に味わうというのである。{─略─}

と、仰信の項をWikiArcに記述した。

→「仰信」

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

 

仏願の生起本末

林遊@なんまんだぶつ Post in WikiArc編集
3

『浄土真宗辞典』の仏願の生起本末の項には、

阿弥陀仏の名号いわれ。仏願の生起とは、阿弥陀仏が本願を起こした理由、すなわち自らの力では決して迷いの世界より出ることのできない衆生を救うために、本願が起こされたことをいう。
仏願の本末とは、仏願の因果をいう意で、法蔵菩薩の発願修行を本(因)といい、その願行が満足しさとりを成就し、名号となって十方衆生を済度しつつあることを末(果)という。

と「名号いわれ」とある。
最近の浄土真宗の坊さんの法話では、「信心正因」のドグマに幻惑されて、仏願の生起本末の語を自覚の意味の信心として説くのだが、行なき信は観念の遊戯に陥っているのかと思ふことがある。仏教とは行じて証すという「教行証」のご法義であり、行のない信のみの仏教はあり得ないのである。
ともあれ、WikiArcの、「仏願の生起本末」の項に追記してみた。

→「仏願の生起本末」
なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ